大阪府教育庁主催 「高等学校における支援教育推進フォーラム」で事例発表しました。

「高等学校における支援教育推進フォーラム」でお話しさせていただきました。

このフォーラムは高等学校で学ぶ障がい等により配慮を要する生徒の教育的ニーズに応じた指導・支援の充実に向け、高等学校における優れた取組みを発信し共有することにより、生徒の社会的自立や社会参加をみすえた取組みの推進を図ることを目的に行われています。私立学校から初めて、表コミ(表現・コミュニケーション学科)が選ばれ、「誰もが安心できる学級づくりと授業での取り組み」と題して実践報告をしました。府立学校、府立私立学校の教員約200名が参加しており、熱心にお話しを聞いてくださいました。
この実践報告の中には、サポートクラス講師との連携で実施しているSSTの取り組みもあり、専門性を活かして実施できているYMCAならではの取り組みとしてお話ししました。
IMG_2615.jpg