サタデークラブのぞみ 10月例会

 新型コロナウイルスの緊急事態宣言が解除になりましたので、10月例会は、感染予防に気をつけながら、ひとつの教室でおこないました。
机の間隔は空けているものの、皆が一堂に会することができて嬉しそうなメンバーたちです。

 今回のメインプログラムは、「COOL!な中学生講座」にて、コミュニケーションの基礎を学ぶ実習と、いろんな気持ちを表した絵本を参照しての「気持ちのワークショップ」でした。

IMG_1747.JPG

 前半の「COOL!な中学生講座」では、二人組になっておしゃべりをする時に向かい合って座ってみたり、
片方が立ち 片方が座ってみたりして、立ち位置を変えると伝わり方はどう変わるのか? また、声のトーンや話す速さを変えてみると伝わり方はどう変わるのか?
・・などを体験できるコミュニケーション実習をやってみました。
「今まで気づかずにいた自分のクセに気づいた!」と感想を話してくれたメンバーもおり、それぞれに気づきがあったようです。

IMG_1749.JPG

IMG_1751.JPG

 後半は、エンパワメントセンター主宰の森田ゆりさんが描く「気持ちの本」(童話館出版)を題材に、自分の気持ちに丁寧にふれてみる「気持ちのワークショップ」をおこないました。
嬉しい気持ち、悲しい気持ち、悔しい気持ち、怒りの気持ち、幸せな気持ち・・、
自分の心に湧いてくる気持ちは、どんな気持ちも自分にとって大切な感情であり、健康な心を維持するために「感情を表現すること」はとても重要であることを、絵本のストーリーを通じて学びました。 

IMG_1756.JPG

 次回の例会は、さらに一歩すすんで、感情表現の中で、自分では扱いがなかなか大変な「怒りの感情」について考えてみようと思います。
素敵なゲストをお呼びして、面白くて、ためになる講座を計画しています。
のぞみの皆さん、楽しみにしていてください。