サタデークラブのぞみ 9月例会

新型コロナウイルスの緊急事態宣言が延長された中で迎えた9月例会。
8月例会同様、感染予防を最優先させ、2教室のオンライン中継方式でプログラムを実施しました。

8月例会からの続きのプログラムである「"のぞみ"オリパラ」の結果発表や「"のぞみ"DE買い物タイム」で買ったお土産用の菓子をみんなで分配した後、本日のメインプログラムへと進みました。
①IMG_1711.png

今日は、"のぞみ"メンバーでYMCA会館から徒歩で行くことができる大阪科学技術館(てくてくテクノ館)へ見学に出かけました。
この施設は、私たちの身近にある生活関連の科学技術を「新しい素材をさぐる」「楽しい暮らし」「地球を見つめる」「情報・映像」「エネルギー」の5つのコースで、模型やゲームを用いながら、わかりやすく紹介してくれる展示施設です。
グループ毎にブース(エリア)を決めて、見学。そこで発見した内容を他のメンバーにわかりやすく紹介する「発表&共有タイム」を例会の最後におこないました。
②IMG_1717.png

③IMG_1723.png

④IMG_1721.png

⑤IMG_1728.png

見学に先立って、「COOL!な中学生講座」で、グループ発表の際のコツを学んだ"のぞみ"メンバーたち。大事なポイントを記憶に留めつつ、てくてくテクノ館へ出発。
密を少しでも避けようと、3~4名の少人数でグループを組みましたので、ひとりひとりがタイムキーパーやiPad係、忘れ物係などの役割を担うことになりました。
ブースでは、展示物のパネルに書かれてあることを、みんなが主体的にメモする姿がありました。
グループの構成人数が少ない分、グループ発表に向けても、一人ひとりが大切な存在です。
⑥IMG_1733.png

YMCA会館へ帰館して、発表会の準備タイム。
時間もタイトな中、メンバーみんなが頑張りました。
最後のグループ発表会では、オンラインで繋いだカメラの前での発表という、コロナならではの特殊な発表形態でしたが、"のぞみ"メンバーは、自発的に取り組んでくれました。
誰がどんな風に話すのかの事前の分担や、本番の発表場面でのメンバー間のバトンタッチなど、緊張しながらも、みんなが協力できていたように思います。
学校でも、この経験が活きてくれたら嬉しいです。
⑦IMG_1739.png⑧IMG_1743.png